激安だけど、思い出になる結婚式~節約術~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!!アオです!!

今日、結婚についての話を聞いたですが、

結婚式ってものすごく費用がかかるんですね。

・普通に結婚式をすると・・・

結婚式を普通に挙げると

だいたい相場が300万~400万みたいです。

もう少し安く上げても250万。

例えば

1ヶ月5万ずつためて1年で、60万

5年かけてやっと300万ってお金を貯めることになります。

そして、結婚式は

そのお金を約半日で使ってしまうことになります。

5年分の半日で使ってしまうって結婚式ってすごいですね。

他に、ドレス代もかかります。

お金がかかるのは結婚を挙げる新郎新婦だけではありません。

結婚式に参加する人は、衣装代で自分の衣装に3万ぐらい使う

そうです。ご祝儀の相場が3万らしいので、またお金がかさむ。

また、他の結婚式にも続けて参加する人は、

同じ衣装で別の結婚式に出ないらしく

また衣装代がかかるみたいです。

そして、ご祝儀なんですが、ご祝儀もらっても新郎新婦は、

結婚式に参加してくれた人に結婚式引き出物(プレゼントみたいなもの)

を渡すため、このご祝儀の分は実質なくなります。

結局差額プラスマイナスゼロになります。

この記事を見てくれてるあなたは、結婚式を将来挙げようと考えてると

思うので、激安で結婚式を挙げる方法を調べたので、今回、

紹介します。

・激安だけど、思い出になる結婚式

最初にするべきことは

1.勤務先・会社の提携サービスや各種保険(共済など)のブライダルサービスをチェックしましょう。

ドレス、引き出物など、さらに新婚旅行まで格安になりますので、事前に

調べておきましょう。

またクーポン割引もあるので、それも使うといいです。

結婚式場を選ぶ際は、学校・一般施設・会社の優遇施設も検討するといいです。

通って大学にチャペルがあれば、安くできます。

式場を選ぶ際は、地価の高いところより、ゲストが参加しやすい

場所を選ぶ方が大切です。

着替えを持って来たり、帰りは引き出物もありますので

ゲスト優先で考えるのが大切です。

時期は閑散期を狙うと安くなるのですが、ここで注意があります。

それは、猛暑極寒時期・年末年始を狙わないこと。

でないと、来てくれるゲストが減ったり、ドタキャンが増えます。

次に

2.結婚式の内容はお得プランをベースに考えること

・その中でも限定プランで考えるとさらに安くなります。

しかし、

絶対に避けるべきなのは、「料理」と「引き出物」はケチらないこと

です。ただ、料理はコース全体をグレードアップすると

金額が跳ね上がるので「メイン」や「デザート」など単品で

グレードアップするのがいいです。

・次に、作れるものは作ることです。

装飾関係(装花・キャンドル・ウエルカムボード等)、

紙類(招待状、席次表、メニュー表など)、ブーケ類などなど

作れるものは沢山あります。

ですが、ゲストから見えるところは、

避けるべきです。ケチだなと思われます。

・外注できるものは外注する。

例えば、カメラマンを外注したり、司会を友人に頼んだり

ただし、外注する際は、事前にしっかり打合せすることを忘れないこと

が重要です。でないと、当日ハプニングが起きて、慌てる事に

なります。

引き出物は持ち込み料を考慮に入れた上で、

ネットや店頭で買ったほうが安くなります。

・有料の「オプション」は最小限する。

お色直しは丸々別料金の場合はお色直し自体をやめてヘアメイクチェンジ

すると19万ぐらい安くなります。

演出、装飾などの追加オプションは多くしすぎないようにすると

ゲストと話したり写真を撮る時間もでき、お金も安くなります。

その方が楽しいでしょう。

以上が結婚式を安くする方法です。

具体的に何万安くなるかは、結婚式によりますが、上のようにすれば

参加者が人数にもよりますが、ご祝儀のほうが金額が大きくなります。

 

最後に

重要なポイントが2つあります。

一つ目は

クオリティが落ちないように、必要なところにはお金をしっかりと使う。

結婚式がショボくなりますから。削るの部分は自分達のところを、使う部分は

ゲストのところを中心に考えるといいでしょう。

2つ目は

ゲスト優先で考えること。

会場は遠くないところ。

時期を考えて来やすい時期にすること。

「料理」と「引き出物」はケチらないこと。

 

結婚を考えてる人の役に立てば、うれしいです。

 

 

 

感想や質問をお待ちしてます!! 質問があれば、それに関して解決の記事を作ることもできます。 ドシドシ、コメントをしてください!! コメントに自分が学んだことをアウトプットするの でも構いません。コメントをぜひ活用してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*