女性がOKしたくなるLINEでのデートの誘い方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!! アオです!!

今回は女性がOKしたくなるLINEでのデートの誘い方について

書いていきます。

 

 

 

まずはデートに誘うタイミングから、

女性が警戒しすぎず、待ちくたびれない時期って、いつだと思います?

一つの目安としては、最初のLINEからそろそろ1ヵ月というタイミングです。

回数でいうと、週に1往復から2往復ペースでLINEを交換するとして、

5回目~10回目頃を目安にすると良いでしょう。

 

 

 

 

 

・LINEでのデートに誘う文章

 

デート内容をできるだけ詳しく書くことで

うまくいくかどうかの状況は変わってきます。

なぜなら、デートの情報を詳細に書くことによって、

女の子がデートに参加するための判断材料が増え、

デートに対する不安を取り除くことができます。

 

 

 

 

 

具体的に言うと

「場所やお店の名前、具体的な料理名」を押さえると効果的です。

人は具体的だと、イメージが膨らみやすくなります。肝です。

 

 

 

 

 

女の子にとって、デート内容が極めて魅力的なものであれば、

OKしてもらえる可能性は高いです。

 

 

 

 

例えば、

「今度、一緒にご飯食べにいこうよ!!」

といったLINEを送ったとします。

 

 

 

 

 

確かに目的がストレートに伝わるのですが、

なんだか味気ないと思いませんか?

 

 

 

それよりも

「 今度、食事に付き合ってくれない?
そこで人気だっていうケーキ、おごっちゃうからさ! 」

 

 

 

 

こっちの方が

ただ誘うだけの文章よりも、奢るという甘い理由に女性は翻弄され、

ついつい行ってみようかな、と思ってしまわないでしょうか?

 

こういった相手にメリットがある誘い方のほうが、

受け入れてもらえてる可能性が高いです。

 

 

 

 

 

これは

「意中の女の子を一回デートに誘っておきたい…」

そんな風にあなたが思うならピッタリなので、

ぜひ、試してみてください。

 

 

 

 

 

だけど、もしあなたがその女性と

ある程度の信頼関係ができているならば、

素直に会いたいという事を伝えてください。

 

 

 

 

 

自分の身を守るために色々と細かい作戦をを立てるよりも

ストレートな表現の方が女性の心に響きますし、

相手に好意を間接的に伝えることもできるので

いいです。

 

 

 

 

・デートに誘いたい女性に送るメールの話題

ここで女性に誘うために送る文章の例を

紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

1回だけでいいから一緒にご飯食べに行かない?

女性は、理由を求めます。

理由を作って自分を説き伏せるんです。

デートに来てもらわなければなにも始まらないので

どんな手段を使ってでもきてもらうことを考えることが重要です。

 

 

そのために、一回だけという限定性を出して

来てもらうための誘い方です。

 

 

この誘い方の場合は、

あまり信頼関係がある状態での誘いではないので、

デートが楽しいものでないと次につながらないという

デメリットもあります。

 

 

 

 

 

 

食べ物の話題

食べ物の話題で盛り上がって誘うってのもありです。

 

お肉なら何の肉が好きか、お酒なら何がいいかなど、

小さいことでかまいません。

「○○ちゃんは、お肉なら何が好き?」

といった感じです。

せっかく食べ物の話題なので、

「お酒の(お肉の)好み近いね」などといって、

食事や飲みにさそうのもいい手段です。

 

 

 

 

 

 

軽い相談

軽い相談内容をLINEで送ってみるのもよしです。

服装で悩んでいる、オススメなヘルシーな料理のメニューは何か、

などといった些細なことです。

女性も自分の意見を参考にしたいとなれば、悪い気はしないはずですし、

お互い一気に仲良くなれた気分になれます。

当たり前ですが相談した後は、きちんとお礼を伝えましょう。

これをやるときは

重要な相談は、重く感じるのでNGです。

女性が答えやすそうな話題だとLINEでの会話も盛り上がりますし、

いいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、これを参考にして試してみてください。

何事も学んでそれがいいと思ったなら

それを実践していかないと意味がないです。

 

 

 

 

では今回は以上です。

 

 

感想や質問をお待ちしてます!! 質問があれば、それに関して解決の記事を作ることもできます。 ドシドシ、コメントをしてください!! コメントに自分が学んだことをアウトプットするの でも構いません。コメントをぜひ活用してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*