女性がOKしたくなる告白の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!!アオです!!

今回は、女性がOKしたくなる告白の仕方

について書いていきます。

 

気になっている女性にそろそろアタックしようかな

と考えてるなら、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

・まず、今、告白するタイミングなのか?

 

前回の記事で具体的なアプローチの仕方について紹介しました。

 

 

その中で、相手の状態について表す式がありましたね。

興味付け→信頼関係構築→提案を受け入れてもらう

 

 

この状態のどこに今、彼女はいるのかどうかということが

とても重要です。

 

 

信頼関係はできていて、何回か自身の提案は

受け入れてもらえているのか?

 

 

何回か自身の提案を受け入れてもらえてる状態ならば

告白が成功する可能性が高いですので

告白するタイミングです。

 

 

 

そうでないなら、告白より信頼関係を作って自身の

提案を受け入れてもらうことを目指していくことに

集中していきましょう。

 

 

 

告白は絶対に急いではいけないです。

なぜかというと男性の気持ちの盛り上がり方と

女性の気持ちの盛り上がり方はまったくの別物だからです。

 

 

男性は好きだという気持ちは

完全な右肩上がりで急激に上昇していくのですが

女性の気持ちの高まりは非常に緩やかです。

 

 

男性は、好みのコを見つけた初日でも

そのコと付き合うことができてしまいますけど、

女性はそうではない。

女性がそうでないのは、何回もこのブログで説明してきましたね。

 

 

 

どんなに好みでも即日はほぼ無理に近いです。

告白するときに、気持ちが盛り上がりすぎて

ダメもとだーって

告白時が熟していないにもかかわらず

突っ込む人いますけど、まず失敗するのでやめてください。

 

 

 

 

・絶対にしてはいけない告白の仕方

 

それは・・・

 

 

 

メールやLINEでの告白です。

 

 

メールやLINEは直接言うよりもハードルが低いですし、

相手の忙しさやスケジュールを気にしないでいいので、便利ですが、

実は、これ怖いんです。

文字として書いてあるだけなので、

言葉の抑揚もなく相手次第で間違った捉え方をされる場合も多々あります。

 

 

 

 

言葉の抑揚がないということが、特に大事です。

気持ちが本当に伝わりにくいので、

おすすめしません。

 

 

 

 

 

 

 

・成功する告白のタイミングと告白

 

まず、タイミングから。

 

・3回程度のデートをした後に告白すること

二人っきりのデートを3回もしてくれていれば

基本的に相手は自分に好意を持ってくれてると思っていいです。

なぜなら、3回も貴重な時間とお金を自分のためだけに

割いてくれてるわけですから、彼女にとってあなたは

それだけ特別な存在ということです。

 

 

 

・相手がリラックス出来る場所を選ぶ

相手が落ち着ける場所でないと、それ以外のことに

気が取られて、OKしにくくなります。

自分が落ち着ける場所よりも相手が落ち着ける場所で

アタックしましょう。

 

 

・シンプルに告白する

告白の時に自然に伝えるのは難しいかもしれません。

しかし、必要以上に、自分を大きく見せたり、

カッコよく演じたりするのではなく、

ありのままの自分を表現する、

又は自分の気持ちを伝えるということが大事です。

特に大事なのは

あなたがカッコよく演じるのでは無く、

あなたをカッコよく見せるシチュエーション作りが大事です。

それが上手く出来ていれば、シチュエーションが自然に、

あなたをカッコよく映し出してくれます。

 

 

 

もし相手が恋人になろうかどうしようか迷っている場合、

告白の仕方で付き合えるかどうかが決まってくることがあります。

「俺について来い」「私の事好きなんでしょ」 という

自信満々な気持ちで

感じで告白してくれた方が相手はすんなり「はい」

と 承諾しやすいものです。

告白のときに言われたい言葉は「好き」だけで

十分に気持ちは伝わり、内容は足りているので、

ややこしい表現は使わないで、シンプルに告白しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

最後にまとめておきます。

告白するタイミングなのか見極めて

メールやLINEで告白せず、

相手のリラックスできる場所で、シンプルに告白する

 

 

以上です。

 

 

感想や質問をお待ちしてます!! 質問があれば、それに関して解決の記事を作ることもできます。 ドシドシ、コメントをしてください!! コメントに自分が学んだことをアウトプットするの でも構いません。コメントをぜひ活用してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*