夢の見つけ方!!夢がない方へ僕なりに解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!!アオです!!

将来の夢が見つからない!!って人が多いみたいですね。

僕の周りにもいます。

「なんか将来のこと考えると、ブルーになるんだよなー」

「夢見つけなきゃいけないんだろうけど、考えるのだるいな」

そんな方に僕なりの夢の見つけ方を教えたいと思います。

どんな方にも夢は見つけれます!!

今、中学生、高校生、大学生の方を中心に教えて生きたいと思います。

もちろん社会人の方も参考になると思いますので、

楽しみにしてください。

現在中学生の方

現在中学生の方は、まだまだ若すぎるので、

ほんとに好きなことだけしましょう。

その好きなことがないんだよな~って思う方は、

まずは部活に入りましょう。

部活に入っておいて、その中で一生懸命そのことだけに

集中したほうがいいです。

とりあえず、自分はこれだけ努力したんだ!

っていう経験をしましょう。

そうやって言えるだけの努力をしたら、自信につながります。

努力をするのが当たり前という感覚を身に着けてください。

こいつ、すっげえうまいな・・・って思う人も

必ず努力してますから。

どんな人でも、たとえ天才でも

ですから努力する癖をつけましょう。

ここまでで夢を見つける土台を作っておきましょう。

別に勉強でも全然構わないです。

とにかく一つ人に褒められるものを作りましょう。

部活入るのは今からやと遅いしなぁって方なら、

高校入るためにギリギリここならいけそうやなって高校を

選んで勉強してください。

夢がないなぁって方は絶対高校入って下さい。

この部分は、この記事見てる方は全員高校入るのは必須です。

現在高校生の方

中学生のと同じで部活に入りましょう。

それを集中してやりましょう。

高校生だと、バイトもできますから

一度経験してみるといいですね。

両方はできるならいいですが、分散させるのは

おすすめしないですね。

片方やってみて、「あ、できるわ」ってなったら、

もう片方始めるやり方がいいです。

最初から両方はおすすめしません。

そしてもう一つ重要なことは、を読むことですね。

小説というよりは、実用書を読んで欲しいですね。

それ読んで、ある程度知識をつけてほしいです。

そこでこの、たとえば、心理学って面白いなー

プログラミングっておもしろいなーとか

そういうのを感じてほしいですね

そして

高校生でも夢がない、働きたい職業がないって方は大学入って下さい。

なぜなら、大学入れば、4年間は夢について模索できる時間が

与えられますし、一応大卒の肩書きがもらえます。

夢が見つからなかった時の保険を作っておいたほうがいいですから

現在大学生の方

ここも同じでサークルか部活に入りましょう

なんでそこまで、集団に属せっていうのかというと

どんな職業も人を相手にしています。それは直接的にも間接的にも

ですから、人と接することって大切なんですね。

それに家に篭ってても何も始まらないですしね。

ですが、家に篭ってできることもあります。

僕が今やっているブログもそうですね。

僕が家に篭ってても何も始まらないって言うのは、

やるべき目的がないのに家に閉じこもってても意味ないよ

ってことです。

だいぶ大学生の話から反れましたが、話を戻すと

大学生の方はこれから職能というのを

見つけなければいけません。

自分がこれなら俺は食っていけるっていうスキルですね。

なんでも構いません。

見つけ方は20年も生きていれば、自分の好きなことの中に

必ず強みがありますから、探してください。

その好きなことって言うのは、物で考えないでください。

例えば、靴が好きとか、服が好きとか

動詞で考えてください。

自分は考えるのが好きとか、人としゃべるのが好きとか

そういうのを見つけてください。

そのために、人と会うあるいは本読む

そこから見つけてくださいね。

 

以上が僕なりの夢の見つけ方です。

自分が興味ないなぁって思うものに、挑戦してみてください。

そしたら、「あ、これ楽しいな」って思う物が見つかります

 

自分の好きなことの中に強みはありますから、それを見つけて

それができる職業を選んで、夢としてください。

 

最後に

 

必ず夢は見つかります!!

 

 

 

 

感想や質問をお待ちしてます!! 質問があれば、それに関して解決の記事を作ることもできます。 ドシドシ、コメントをしてください!! コメントに自分が学んだことをアウトプットするの でも構いません。コメントをぜひ活用してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*