兄弟・姉妹構成からわかる相手に効果的な恋愛テクニック!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!!アオです!!

恋愛のおもしろい記事を読みました。

それが

兄弟・姉妹構成からわかる相手に効果的な恋愛テクニック!!

です。

僕なりの感想踏まえつつ、まとめていきたいと

思います。

・長男長女の場合

性格特徴に挙げられるのが、

家族の期待を背負っているため、堅実でまじめな性格。

自分の欲求をストレートに出すことが少なく、聞き役に回ることが多い。

自分がしっかりしなければいけないという考えがあるため、甘え下手。

などです。

そんな彼らに、効果的な恋愛テクニックは

頑張り屋な面があるため、頑張った事に対して褒めてあげるとよい。

甘え下手なので、こっちから察してあげて

落ち込んでいるときは励ましてあげると良い。

その際、一人にして欲しいと言われた場合、メールで励ましてあげるといいです。

また、長子であるため、特別扱いされることがあまりなかったため、

あなただけであると、なにかと特別扱いするといい

そうです。

・中間子の場合

性格的特徴は

真ん中は目立たない存在ゆえに、自身の存在・地位を確立するために、

自己主張をはっきりする。

空気を読むことや人との距離感をはかることが得意で、

集団の中では協調性に富む性格がある。

僕は中間子なのですが、ここに関してはちょっと疑問があります。

だって僕、協調性ないって言われますからw そうじゃないような

気がします。

そんな僕も含め、中間子の彼らには、性格的特徴から

効果的な恋愛テクニックは

空気を読むことに長けてるため、上っ面で褒めると、見抜かれるため

かえって逆効果。

むしろ、見抜く能力があるため、困っている際、何も言わずに

手伝ってあげたりすると、効果的。

中間子を相手にする際、楽しませることが大切。

フランクに接したほうが効果的。

一つ目に関してはものすごくわかりますね。

「お前、本気で思ってるのか?」って心の中で思うことも

あります。そして、やってます感を出さないで、助けてくれると

手伝おうか?って言われるより嬉しいです。

二つも同感です。

僕は、「初対面で、馴れ慣れしく接することができる」

と言われたことがありますが、むしろそっちのほうが

楽ですね。

初対面で話してるとき、

なんかよそよそしいと、「もっとぶつかってこいよ」

って思うことが多々ありますw

しかし、書いてる通り、楽しませることが重要なので、

フランクでも不快な思いをさせるのは、当たり前ですが

NGです。

・末っ子の場合

性格特徴は

兄弟の中で一番下のため、甘え上手。

身近なライバルが兄弟なため、負けず嫌い。

そんな彼らへの恋愛テクニックは

甘え上手・わがままなところがあるため、

ある程度寛容な心をもって、接してあげる。

負けず嫌いなため、相手を立てて上げると良い。

 

・一人っ子の場合

性格特徴

・幼少期を一人で過ごしてきたため、面倒な人間関係が嫌い

・一人の時間が多いため、マイペース

そんな彼らへの恋愛テクニックは

マイペースを受け入れてくれる人を好むため、彼らの世界観を理解する。

自由を愛し束縛は嫌いなため、押す一方だけでなく、

押したり引いたりのバランスが重要。

 

 

 

以上がまとめです。

けど、勘のいい人なら、「そんなもんマイペース受け入れてくれたら、

兄弟関係なく喜ぶだろ」

「兄弟・姉妹の構成で分ける必要ないだろ」

って思うかもしれませんが、

僕がこの記事を読んでて思ったのが、

優先度の違い

です。

要は

長子・中間子・末っ子・一人っ子によって

人を好きになる際の優先度が違うのです。

一人っ子に有効なマイペースを受け入れるという恋愛テクニックですが、

はっきりいって長子にも自分のペースがあるんですから、

受け入れたほうがいいでしょう。

ですが、長子が「この人、いいなぁ」と思うポイントがそこじゃない。

それなら、頑張った事に対して、精一杯褒めて欲しい。

自分の世界観を受け入れるより、長子にとっては

そっちのほうが好きになりやすい

ということです。

ですから、気になる人・好きな人の兄弟・姉妹構成を調べて

その人が恋に落ちる優先度を把握してください。

その際に、今回のまとめを使ってみてください。

 

今回は以上です。

お疲れ様でした。

 

感想や質問をお待ちしてます!! 質問があれば、それに関して解決の記事を作ることもできます。 ドシドシ、コメントをしてください!! コメントに自分が学んだことをアウトプットするの でも構いません。コメントをぜひ活用してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*