ユニクロなどの各服屋の特徴と初心者にオススメのファッションスタイルについてまとめてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!!アオです!!

今回はそれぞれの服屋の特徴と

ファッション初心者にオススメのファッションスタイルの紹介です。

僕も未だに服屋が何があってどれが高いブランドなのか

わからないですし、

自分のの好きな服装がどこに売っているのかかがわからないので、

自分の勉強も兼ねて書いていきます。

 

 

 

 

 

 

・それぞれの服屋の特徴

 

 

 

「ユニクロ 画像」の画像検索結果

ユニクロ

ファストファッションの代表格。

H&Mとは違い、デザイン性より機能

性や質の高さでのし上がったブランド。

シンプルで、カジュアルで、生地はしっかりしているのに、安い。

デニムやチノパンなどパンツ類は特におすすめ。

めちゃ安いのに生地がしっかりしていて高品質。

 

 

 

 

また、ユニクロの売りといえばカラーバリエーションが豊富なこと。

カラーでアクセントを付けるのも立派なオシャレ。

定番の黒やグレーやベージュではない、

パッと目を引く色が普通に置いてある。

自分好みの色の組み合わせが出来て楽しい。

 

 

 

 

服装がダサい(中学生高校生っぽい)とかいわれ、

何着たらいいか分からない人ははとりあえずUNIQLOきとけ

と言われるほど、初心者にオススメの店。

 

「刺繍もプリントも無い、中学生目線だと地味でダサく見えてた服が

結局一番オシャレなことに気づく日がいつか来る」

 

これは確かにその通りですw

 

 

 

 

 

 

関連画像

 

 

H&M

スウェーデンの服屋。

安さが売りの、ファストファッションの最大手。気軽に買えて気軽に捨てれる。

ユニクロと対をなすブランドと言えるが、両者の売りは正反対。

H&Mは「安いのにデザインが良い」として世界中で人気となる。

有名デザイナーを雇って服を大量生産・大量投下し、

売り切れても再生産はせず次々に新しいデザインのものを出してくるため、

ラインナップはつねに新鮮。

 

 

 

 

お気に入りの服を見つけるには店舗に定期的に通う必要がある。

世界的に有名な一流デザイナーが手がけてるので

服のデザイン、ファッション性は普通に良い。

 

 

 

 

季節やトレンドをしっかり捉えたデザイン性の高い服を

安価で市場に投下してくれるこのブランドの存在価値はとても高い。

なお、デザイン性は高くても縫製は雑なものが多いが

値段が値段なので許せる。

 

 

 

 

 

「ZARA 画像」の画像検索結果

ZARA

スペインの服屋。ちょっと高めのファストファッションブランド。

黒と白のモノトーンを前面に押し出したシックでカッコいい服が多い。

それほど値段をかけずに大人な雰囲気を出したいならココ。

前述したとおりそれほど値が張るブランドでもないが、

会社の戦略として高級店の近くや一等地に店を構えるため

ファッションに詳しくない人からは「高そうな店」として敬遠されている模様。

 

 

 

 

「GAP 画像」の画像検索結果

 

 

GAP

アメリカの服屋。ラフなアメカジのファストファッションブランド。

大人っぽいヨーロピアンカジュアルとは真逆のアメリカンカジュアルは、

「若さ」を出すのにうってつけ。アメカジはゆったりとしたダボダボ感が特徴。

ここが日本人にとっては地雷になりうる。

 

 

外人とかカッコいいオッサンが着るアメカジは爽やかさが出ていいが、

日本人の大学生がこれを着るとただの中学生になることもしばしば。

 

 

 

 

 

さらなる地雷要素として全体的にサイズがデカめなため、

試着をせずに適当に買うとサイズがあってないっていうダサさの極みに陥ることも。

細身ファッションが好きな人はここで服を買うのはNGだが、

ダボッとした服が好きな人にはオススメの店。

 

 

 

 

 

ちなみに値段はファストファッションブランドのなかでは高め。

まあ半額セール以外では行かんという人も。

アメカジ入門にピッタリなのですが、上手く着こなせないと本当にダサくなってしまいます。

アウトレットでは50%オフのセールをよくやっているので、

そのタイミングを狙うのがおすすめ。

学生よりミドルエイジにおすすめしたいブランド。

 

 

 

 

 

 

 

「Right-On 画像」の画像検索結果

 

 

 

Right-On

日本の中学生に”カッコいい”服を提供するために生まれた日本の服屋。

大学生以上の奴が着るのは普通に地雷なのでやめたほうがいい。

 

結構評価が厳しいですが、数は少ないですが意外と普通の物も置いてます。

 

 

 

 

 

 

 

「GU 画像」の画像検索結果

 

 

GU

ユニクロの低価格帯ブランド。

ユニクロより安いファストファッションブランドである。

 

 

 

ユニクロは安くても品質は良いのが売りだが、

このブランドに品質の良さは期待できない

と評価されてますが、言うほどでもないと思いますね。

もちろん値段で考えればというレベルなので、そこは割り切る必要があります。

が、ワンシーズンで使い捨てるつもりで買うならまったく問題ないです。

ユニクロ同様、シンプルで使いやすい服が多いので利用しやすい。

 

 

 

 

 

「WEGO 画像」の画像検索結果

WEGO

大阪の古着屋からはじまった服屋。

その後原宿ストリート系のトレンド服を売り始める。

典型的大学生ファッションを手っ取り早く安価に揃えたいならここ。

個性が強く、主張する服が多いので人によって好みは大きく分かれる。

 

 

 

元の古着屋のノリを大いに引きずっているため、嫌いな人はとことん嫌いな服屋である。

カラフルで色のバリエーションが楽しめるが、

よくも悪くもターゲットを絞ってないので様々なテイストのデザインが混在している。

 

 

 

下手にこの店で服を買って組み合わせるとテーマが違いすぎてダサくなる危険性あり。

生地に踏み込んでシルエットを追求することを

ハナから諦めてる服屋なため、

シックな色を揃えてシルエットでオシャレに見せるっていうのが出来ない。

 

 

 

カラーリング一発勝負。これは初心者にはなかなか難しい。

 

 

 

 

関連画像

無印良品

ユニクロとほぼ同じ価格帯の日本の服屋。

が、質的にはユニクロがすこし上。

デザインもシンプルなものばかりでユニクロと同じ感じ。

 

 

 

尖った服はひとつもなく、着ると優しい感じになるラインナップが揃っている。

初心者にはいいかも。

 

 

 

 

 

 

「HARE 画像」の画像検索結果

HARE

日本の服屋ポイントのブランド。東京発のストリートカジュアルファッション。

モード系要素が強く、最近のキレイめファッションの流行とともに

一気に大学生ファッションの主役に躍り出た。

価格はすこし高めだが、セレクトショップほどではない。

 

 

 

ファッション性が高くデザインで遊んではいるものの、

クセはそれほどなく、ベーシックにまとまっている。

 

 

 

シャープなシルエットが特徴で、女受けもすこぶるいい。オシャレ。

 

 

 

 

「RAGEBLUE 画像」の画像検索結果

RAGEBLUE

日本の服屋ポイントが展開するブランドである。

ミリタリーやワークを中心とし、それに流行りをミックスしたデザインが大学生からクソ人気。

洗練されたデザインのきれいめな服をリーズナブルな価格でゲットできる。

 

 

 

 

そしてこのブランドはとにかくジャケットが強い。

グレー、ネイビー、ブルーなどのバリエーションがあるがどれもカッコいい。

レザージャケット、テーラードジャケットどれもおすすめできる。

 

 

 

絶対にハズす事のない安定感。

何を着たらいいか分からないファッション初心者は

WEGOみたいな癖のあるとこよりもまずはこっちで服を買う方がいい。

 

 

 

 

 

 

 

「しまむら 画像」の画像検索結果

 

 

しまむら

日本でユニクロの次に売り上げ高が多い大衆服屋。

圧倒的な安さを武器に日本中に蔓延り、日本人の服装をダサくした元凶。

メンズの品ぞろえの悪さは異常。

特にアウターやシャツはほとんどが地雷。

しかし値段の割に品質は悪くないので、

インナーや靴下、部屋着を買う時は重宝するはず。

見えない部分はしまむらにするなど、上手く切り分けると

賢いコーディネートができます。

 

 

「BEAMS 画像」の画像検索結果

 

BEAMS

カジュアルだけど、高級なものが着たい

という需要を一手に担う日本の高級服ブランド。

 

 

 

テーマは「大人カジュアル」。

働く世代からの支持が強く、エリートリーマンがスーツを脱いだ休日に、

”カジュアルでイイもの”を着ようとここで服を買い揃える。

 

 

 

そしてこれまた場違いな勘違い大学生が背伸びをしてこういうところで服を買う。

ポップでいかにもアメカジらしい印象が強いためか

大学生にもっとも好まれるセレクトショップとなっている。

 

 

 

 

 

・それぞれ服屋の比較

 

 

分かりやすく、値段・シルエット・テイストで比較してみます。

 

 

価格比較

<安い>――――――――――――――――――――――――――→<高い>
H&M・UNIQLO > WEGO・RAGEBLUE > GAP・ZARA・HARE

 

 

 

 

シルエット比較

<太い>―――――――――――――――――――――――――――→<細い>
GAP・UNIQLO > H&M・WEGO > RAGEBLUE・ZARA > HARE

 

 

テイスト

わかりやすい画像があったので、拝借。

http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20150217/58/5377828/40/651x525x4ea41570b2d145c942fa89bb.jpg

 

 

 

 

 

 

・どんなファッションスタイルがいいのか?

 

長々とそれぞれの服屋の特徴・比較をしてきましたが、

ファッション初心者には何がいいのか?

ということについてお答えしていきたいと思います。

 

初心者にとってもやりやすく女子ウケ抜群を狙うなら

キレイめカジュアルがいいでしょう。

 

 

「キレイめカジュアル メンズ」の画像検索結果

 

 

 

キレイめカジュアルを取り入れていくなら

上にあげたZARA・RAGEBLUEが良いでしょう。

ですが、上の値段比較にも書いてる通り

RAGEBLUE・ZARAともにユニクロやH&Mと比較すると値段が高いです。

 

 

 

 

 

「あまり値段をかけずにオシャレになりたいんだが・・・」

と思いますよね。

当たり前だと思います。

そんなあなたにこういった考え方を持っていると

安くてオシャレに見せることができます。

それが、

インナーは安く、アウターは高く

 

 

例えば

内装が安っぽい作りだとしても、外装がフェラーリであれば、

車に興味のない普通の人には

それがフェラーリに見えてしまいます。

 

 

 

 

それと同じで

ファッションにおいても、インナーが安いものでも

アウターが高ければ、普通の人にはおしゃれに見えます。

 

 

 

下の画像を見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高級そうに見えませんか?

でも実はこれ

シャツは1300円(コムサイズムのセール)。

 

 

 

 

これを真似して考えると

全体的に安く仕上げてオシャレに見せるには、

中をユニクロやH&Mで買い、外をRAGEBLUE・ZARAにするといいでしょう。

 

 

 

 

ただ別の所に買いに行くのはいいですが、テーマは変えては駄目ですからね。

テーマはキレイめカジュアルですから、インナーもアウターもそのテーマにあったもので

揃えてください。

 

 

 

 

 

・キレイめカジュアルにするには?

 

 

以下の3つのことを頭に入れておけば、ある程度問題ないでしょう。

初心者はこの3つだけを意識しておくとよいです。

 

 

・シンプルな服装にすること
・色が濃い色と薄い色を合わせること
・サイズはジャストサイズ。ダボッとしたサイズはNG

 

 

これらを意識して、

中をユニクロやH&Mで買い、外をRAGEBLUE・ZARAに買いに行きましょう。

 

 

 

 

今回は以上です。

 

 

感想や質問をお待ちしてます!! 質問があれば、それに関して解決の記事を作ることもできます。 ドシドシ、コメントをしてください!! コメントに自分が学んだことをアウトプットするの でも構いません。コメントをぜひ活用してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*