アメリカに行って学んだオシャレについての考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!! アオです!!

先日、アメリカに行ってきました!!。

しかもハリウッド女優や俳優が多く住んでいるLA、

ロサンゼルス。

さらにゴールデンゲートブリッジがあるサンフランシスコ

に行ってきました。

 

 

アメリカに行って思ったことは一つ

 

美男美女が圧倒的に多いこと!!

 

本当に多いです。

ちょっと歩けば、芸能人じゃないかと疑う

レベルの美男美女がいます。

日本とは圧倒的にレベルが違いますw

日本だと本当の美男美女は、大通り歩いていると

ごくまれ~~にしか、出会いませんが、アメリカだと

ポンポン出会います。

 

 

「すごいなぁ・・・」と思いつつ、まじまじと見ていると、

(別に変態とかじゃないですがw)

共通点がありました。

それは

 

みんなちゃんとオシャレをしていること。

 

本当にこれも多いです。

ださいなぁと思う人が圧倒的に少ない。

みんなちゃんと髪型をセットして、服装も

自分に似合うような格好をしています。

特に男性は髪が長い人がいない。

短髪が圧倒的に多かったです。

海外では日本のように中性的な男性は

女性から受けが悪いらしく、短髪にして男らしい方が

多かったですね。

 

美意識が男女共に圧倒的に高いなぁと

感じました。

男性としての魅力が高かったです。

 

もちろん日本もオシャレをしている人はたくさんいます。

それは都会に行ってみればわかります。

ですが、この人すごいなぁと思う

ファッションをしている人は少ない気がします。

 

 

 

なんで外国人はこんなにオシャレなんだろう

と思っていろいろ調べてみたら、

日本とのオシャレについての考えた方の違いが3つほどありました。

 

 

・日本人のオシャレにおける欠点

まず、日本のオシャレでの欠点はカジュラルすぎる点です。

カジュアルすぎると子供っぽく見えます。

また、ファッション誌の真似をしたらオシャレであると勘違いしていることです。

下を見てください。

 

 

 

清楚系のように見えますが、

着こなしとしてはとてもちぐはぐです。

雑誌も「これが女性に受ける!!」と謳っています。

ではこれをそっくり真似てみます。

 

 

 

どうでしょうか?

雑誌で「モテ服」と紹介される格好をそのまま着ていますが、

これでモテますか??

雑誌のコーデの時点でカジュアルすぎてアウトなのに、

さらにそのコーデが全く似合わない人が着ているのでなおさら

おかしいことになっています。

 

 

さらに日本人のオシャレの欠点として、なんでも足してしまうこと

と、自分の短所を強調してしまうファッションを

知らないうちにしていることです。

 

 

上記の画像のように

チェスターコートを着るのであれば、

チェスターコート自体はフォーマルなアイテム

で上品さを持っているのですから、

まず帽子はいらないですよね?

帽子のカジュアルさが邪魔になっています。

チェックのシャツのカジュアルさも邪魔になっています。

 

 

このようになんでも足してしまうことは逆にダサさを

造ってしまいます。

また、日本人を含めた東洋人は、スタイルが

悪い傾向にありますから、わざわざ強調する必要は

ありません。

 

・外国人のオシャレにおける考え方

では逆に外国人のファッションの考え方は

どうでしょうか?

以下の3つです。

 

・引き算のコーディネートが出来る

・シンプルに着こなすことが出来る

・オシャレの中心は自分自身

 

 

 

 

 

とてもシンプルですね。

このシンプルさが大人っぽさを醸し出しています。

また、引き算のコーディネートが出来ることも

大人っぽさを作ることの要素です。

日本人は何でも足すことでオシャレにしようとしていますが、

逆効果になります。

外国人は、全体のバランスが重要だと知っているので、

過剰に着飾ろうとせずに、いかに最小限で自分を魅せられるか

に重きを置いています。

 

 

オシャレの中心は自分自身であると知っている外国人。

服自体が悪目立ちしてしまうのが日本人。

日本人は自分に似合うかどうかもわからずに、

「何を身に着けているか」を重視しがちです。

たとえば、

単に流行っている物を身に付けてみたり、

周りの人が着ている物を身に付けてみたり。

自分に似合っているかどうかをおろそかにしています。

逆に

外国人は自分に似合っているものを判別し、シンプルに着こなすから

オシャレなんです。

 

 

前回の記事でも書きましたが、「洋」服なので、

彼らの考え方に従ったほうがオシャレになれます。

もちろん、外国人は、スタイルがよくて、顔もかっこいいですから、

似合うのは当たり前だろって思うかもしれませんが、

日本人でもやろうと思えば、以下のようにオシャレに大人っぽくできます。

 

 

シンプルに着こなしていて、大人っぽいです。

 

 

また、子供っぽさは髪の色からも醸しだされます。

上の彼は黒髪ですよね?

日本人の童顔だと、髪の色を染めてしまうと

子供っぽくなってしまいます。

黒髪のほうが大人っぽさがでますから、

髪の毛を染めるのはおすすめしません。

髪の毛も痛みますしね。

 

 

難しいことではありません。

外国人のように3つのことを意識して

明日からオシャレしてみてください。

 

・引き算のコーディネートが出来る

・シンプルに着こなすことが出来る

・オシャレの中心は自分自身

 

 

今回は以上です。

感想や質問をお待ちしてます!! 質問があれば、それに関して解決の記事を作ることもできます。 ドシドシ、コメントをしてください!! コメントに自分が学んだことをアウトプットするの でも構いません。コメントをぜひ活用してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*