これ試してみて!!絶対に痩せるから!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!!アオです!!

今回は前に言っていたダイエットについて

お話します。

 

僕が実践してみて実際に痩せた方法なので

効果は抜群です。

 

・痩せるために必要な考え方

痩せるための鉄板法則は、

 

消費量>摂取量

 

です。

 

もうこれだけです。これが最強です。

これを念頭に置いて読み進めて行ってください。

 

 

 

・じゃあ具体的に何をしたらいいか?

 

とりあえず、一日の摂取カロリーは1400以下にしましょう。

これ大事なんですが、

こんなこと言うと、「いきなり何言ってんだこいつ、むりだろ」

って思うと思いますから、次のことを守ってください。

 

一番大事なのは、炭水化物を取らないこと。

一切取らないぐらいの勢いで。

 

取ったしても、一食分だけ。

 

脳が働くためにはブトウ糖が必要です。

このブドウ糖は普段、米やパンなどの炭水化物

を摂取して、補っています。

 

脳はブドウ糖を消費して、動いていますから、

脳にとっては、ものすごく大事です。

ないと、死んでしまうぐらい大事です。

 

じゃあ、ダイエットで炭水化物を一切取らない

なら、

「死んでしまうやん!!」

って思うかもしれませんが、そんなことはないです。

 

実は、

この大事なブトウ糖は、体内で作ることが可能です。

体内に摂取した炭水化物以外の要素で

作り出すことができるんです。

 

だって、炭水化物が十分に摂取できなかった

昔の人は、すぐに死んでしまっていたのでしょうか?

昔の農家をイメージしてください。

 

機械がなく、自分で桑を用いて

畑を耕していた昔の人は、今より

しんどい労働を全然してるわけです。

その上、現代人より十分に米を食べたりできませんでした。

 

にも関わらず、簡単に死んだりはしてないですよね?

 

体はうまいことなっているわけです。

それだけ重要なブドウ糖ですから、

炭水化物からの摂取だけでなく、体内で作り出すことも

できるようにしてるんです。

 

ダイエットにおいて、炭水化物

厳密にはブドウ糖が入っているものは

総じてカロリーが高く、太る要因の一番の要素です。

 

食べなくても大丈夫で、太る要因であるなら

ダイエットにおいて、絶対になくさないといけない

要素です。

 

ブドウ糖が入っているもの(飲み物やジュース)は、

一切食べてはダメですが、それ以外なら全然食べてok

です。

 

肉、魚、野菜ならどれだけ食べても大丈夫です。

 

とりあえず、炭水化物、ブトウ糖が入っているものは

一切食べないということを覚えておいてください。

 

 

 

・次に運動する

炭水化物拔いて生活するだけでも痩せていきますが、

さらにダイエットを加速させるために

運動しましょう。

 

運動は一時間は必ずしましょう。

おすすめなのがランニングです。

 

だけど、こんなこというと

「しんどくて、長続きしないわ」

と思っていそうですが、

 

そもそも痩せるためのランニングは

ガチで走らなくてもいいです。

 

1時間、ゆっくり走ってください。

歩くスピードより少し速いくらい

 

勘違いしてる人が多いですが、

運動でカロリーを消費し始めるのは

運動から20分経ってからです。

 

ですから、どんだけ負荷のかかったことを

しても(猛ダッシュするとか)

20分経たないと意味ないんです。

 

20分以内で運動を沢山するよりも

1時間で軽く運動するほうが

圧倒的に痩せます。

 

しかも、この方法だと軽い運動ですから

続けれるのでとてもおすすめです。

 

 

あと、こういう食事制限があるダイエットの方法を

紹介すると、

「リバウンドしたくないから、食事制限なしで

ダイエットする」とか考える人いますが、

僕の本音を言うと、

そんなこと考えるより、まず痩せろ!!

って思います。

 

リバウンドなんて、まず痩せてから考えろ

って思います。

そんな後のことを考えてやらないのは

勿体無いですよ。

 

とりあえず実践をして結果を残してから

リバウンドのことを考えましょうね。

 

 

まとめです。

・消費量>摂取量

・炭水化物を食べない。

・一時間ゆっくり走る

 

 

ぜひ試してみてください。

 

 

今回は以上です。

 

感想や質問をお待ちしてます!! 質問があれば、それに関して解決の記事を作ることもできます。 ドシドシ、コメントをしてください!! コメントに自分が学んだことをアウトプットするの でも構いません。コメントをぜひ活用してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*